FC2ブログ
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2011/06/16 Thu
東日本大震災の影響で福島第一原発が事故を起こし地域住民のみならず多くの国民に不安を与えている。
長崎県も松浦市鷹島町が玄海原発の10kmの範囲にあり防災計画の見直しが急務となっている。
そこで国に対して原子力災害対策に関する要望(意見書)を長崎県議会として取りまとめ提出した
ところであるが、県議会の改革21の会派で玄海原発の現地視察調査を行った。
今後の原子力政策・防災対策に対する新規取り組みに対し適切な提言及び対処が求められるところである。
玄海原発においては福島第一原発の事故要因に対して津波が来ても原子炉の通常冷却が出来るように
3つの緊急安全対策を実施していた。
①電源の確保
②蒸気発生器による原子炉の冷却
③使用済み燃料ピットの冷却 が対策実施済み。
更に「電源」や「海水冷却機能」の喪失を防止する安全対策が計画されていた。
なんとしても、万全の安全対策を確保し県民に不安を与えない安心、安全を提供しなければならない。
現在(H21年)九州電力の原子力による発電電力量は42%で電源設備量は23%であるが今後の国の
エネルギー政策によってどのようになるのか注目すべきところである。




Category: 未分類
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。